BAJ FacebookKKJAM official site
BAJ Club
検索
共有
| この記事をフェースブックに登録する  この記事をツイッターに登録する  この記事をYahoo!ブックマークに登録する  この記事を含むはてなブックマーク 

   

  2017.09.17 (Sun)    
古えを紡いで歌うは“4beat”に交じり合う男唄、女唄。
「温故知新フォービート Vol.14」
the 歌謡ジャズ night 〜再会の逢瀬
(Vo)笠原弘子、立木文彦、辻谷耕史 (Pf)谷川賢作
(B)吉野弘志 (Vln)高橋香織 (Per)仙波清彦 (G)三好“3吉”功郎
 

昭和歌謡というレシピを素に、メロウでジャジィーで陽気な、特別な楽しいliveになること間違いなし 当日の公開リハーサルでは、なかなか見れない姿や、その時だけの曲もご用意!何かしらの飛道具?もあるかも⁉ お楽しみに!(立木文彦)
「音楽は言葉より雄弁だ」と言われたりしますが、約2年半ぶりのライヴなのに、「あれ?先月もやったよね!」 と思えるようなバンドメンバーとの見事なアンサンブルにホッ! 温故知新の名の通り、30〜40年も前の昭和歌謡がジャズアレンジされ、新たに蘇るのはとても新鮮かつスリリングでもあります。 また今回は特別に本番前のリハーサルまで見せてしまおうという無謀な試み。何が起こるのやら…乞うご期待!(辻谷耕史)
温故知新での昭和の歌謡曲とジャズの融合は、唯一無二だと改めて感じます。 今回も新たな昭和の歌謡曲、歌わせていただきます。 楽曲から溢れる力がすごくて、負けないように頑張ります。 公開リハーサルでは、リアルな風景が観られます。どうしましょう。貴重です。 皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。(笠原弘子)

>>
 

     
 

最新LIVE&ARTIST情報をいち早くお届け!! メールマガジン(無料) 登録はこちら >>

Copyright(C) 2009 BLUES ALLEY JAPAN All Rights Reserved.