BAJ FacebookKKJAM official site
BAJ Club
検索
共有
| この記事をフェースブックに登録する  この記事をツイッターに登録する  この記事をYahoo!ブックマークに登録する  この記事を含むはてなブックマーク 

   

  2018.08.05 (Sun)    
The Wonder Ladies 1st LIVE Tour !!
〜安達久美&高嶋桜子 New Project〜
(Vo)高嶋桜子 (G/Cho)安達久美 (Key/Cho)Chiezo (B/Cho)山田直子 (Ds/Cho)GRACE
 

安達久美 & 高嶋桜子 New Project! ロック界を沸騰させる女達のバンドが初登場! 各ミュージックシーンの先陣を切る不撓不屈の女達が大集結! ロック界を沸騰させる! その名は、The Wonder Ladies!!! 記念となる初ライブに皆さんお誘いの上、こぞっておこしください! 最高のステージと客席が盛り上がること間違いなし!必見です!

>> -profile-
Vocal 高嶋桜子
高校時代に女性2人組ユニットでアマチュア活動を開始。短大卒業後ソロ・シンガーとして音楽活動を再開。2006年、ミニアルバム「ファースト」を発表。潟AクタスのTVCM「愛の唄」「FreeWorld」が採用。'08年、3rdアルバム「Gypsy」発売。'11年、 東日本大震災支援活動に参加、CMスポンサーの潟Aクタスと協力してチャリティーライブを各地で行う。'13年、名古屋栄オアシス21にて新曲「空を飛べる日」を唄う。'14年〜現在まで、イベントやLIVEハウスなど多数出演、企業のCM、CFのモデル等も行う。'18年3月、韓国ソウルLIVEツアーにてLIVEハウスやホール4ヶ所で歌い観客から絶賛。5月、ライブツアーを日本を代表するギタリスト安達久美と共に東名阪で行う。7月8月も安達久美とのプロジェクトで活発に活動を予定している。
高嶋桜子Official F.B.ページ

Guitar 安達久美
大阪府泉州出身、京都在住。11才でギターを始め、13才の時にはジミ・ヘンドリクスやレッド・ツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。19才で渡米、L.A.の音楽学校に留学。2002年に活動拠点を京都に移す。'05年より元T-SQUAREのドラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美 club PANGAEA」をスタートさせ、'07年に1stアルバム「Little Wing」を発売。'09年までに3枚のアルバムをリリース。'13年に梶原順とのギターユニット「J&K」による1stアルバム「J&K」を発売。'14年5月には2ndアルバムとして「TIME」「TIDE」を2枚同時リリース。SHOW-YA、加藤登紀子、杏子、岡本真夜、土屋アンナなど共演したアーティストも多数。オリアンティとの共演、韓国ツアーの敢行、エジプト、パリでも公演を行うなど国際的な活動も展開中。'15年「安達久美 club PANGAEA」が結成10周年を迎え、6年ぶりとなる4thアルバム「FLAT OUT」とベストアルバム「PANGAEA」を2作同時発売。'16年12月、若手ブルースギタリストとして頭角を表す大久保初夏とのユニット「安達久美 with 大久保初夏」によるアルバム「Luck of Blue」をリリース。'17年2〜3月はニューアルバム発売記念ツアーを全国13箇所で敢行、圧倒的なライブパフォーマンスで好評を得る。'18年、高嶋桜子とのニュープロジェクトを始動、7〜8月にはライブを予定している。
安達久美オフィシャルサイト

Keyboards Chiezo
1994年、ノヴェラの平山照継氏率いるTERU'S SYMPHONIAに加入、プロミュージシャンとして活動を開始。MUSEA(仏)よりアルバムリリース参加。'99年、同バンド脱退後はアーティストのサポートやセッションLIVEにて活動中。主な共演アーティスト、プレイヤーは芳野藤丸、田辺MOTTO、稲葉政綌、Marty Bracey、難波弘之、シンシア、大谷レイブン、岡本郭男など多数。ジャンルにこだわらず様々な分野でマルチキーボーディストとして活動を展開している。'12年より外道(加納秀人、そうる透、松本慎二)の関西鍵盤部隊として大阪ツアー時に参加している。長年において後進の指導にもあたっており、プロプレーヤーを多数輩出している。現在、相愛大学非常勤講師。

Bass 山田直子
1980年〜'85年までイギリスはロンドンで過ごし、80年代イギリスのロック/ポップミュージックに憧れベースを始める。帰国後'89年、女性グループNorma Jeanでメジャーデビュー。解散後'96年、佐久間正英プロデュースのユニットSPEAKで2度目のメジャーデビュー。解散後フリーのベーシストとして数々のアーティスト、シンガーのライブサポート、レコーディングに参加、現在に至る。プレイヤーの傍ら後進ベーシストのトレーナー、またシンガーの英詞ディレクション、指導にも関わる。
山田直子オフィシャルサイト

Drums Grace
1989年、jaco:necoのドラマーとしてプロデビュー。3枚のアルバムをリリースした後バンドを脱退、フリーのドラマーとして活動を始め、数々のアーティストのレコーディング、ツアーサポートを展開。'98年から'18年1月まで沢田研二のツアー、レコーディングメンバーとして参加。'08年の還暦記念イベントでは京セラ、東京ドームにて80曲超のライブメニューを遂行。また、作詞家としても沢田研二に30曲ほど提供している。参加アーティストは沢田研二、田村直美、荻野目洋子、奥井亜紀、ダイヤモンド☆ユカイ、hitomi、CHARA、くるり、佐野史郎、他多数
GRACEオフィシャルサイト
 

     
 

最新LIVE&ARTIST情報をいち早くお届け!! メールマガジン(無料) 登録はこちら >>

Copyright(C) 2009 BLUES ALLEY JAPAN All Rights Reserved.