BAJ FacebookKKJAM official site
BAJ Club
検索
共有
| この記事をフェースブックに登録する  この記事をツイッターに登録する  この記事をYahoo!ブックマークに登録する  この記事を含むはてなブックマーク 

   

  2018.11.28 (Wed)    
Wolfgang Haffner ヴォルフガング・ハフナー(ds)TRIO
guest 佐々木史郎(tp)
(Ds)Wolfgang Haffner(ヴォルフガング・ハフナー)
(B)Christian Diener(クリスチャン・ディーナー)
(Key)Simon Oslender(ジモン・オスレンダー)
★Guest (Tp)佐々木史郎
 

ヴォルフガング・ハフナーは世界のジャズ界で最もリスペクトされているドラマーの一人。 18歳でアルベルト・マンゲルスドルフ・バンドにてキャリアをスタート。 共演したミュージシャンは、アル・ジャロウ、チャカ・ カーン、パット・メセニー、ボブ・ジェームス、ブレッカー・ブラザーズ、マイケル・フランクス、ビル・エヴァンス、リー・リトナー、ラリー・カールトン、イヴァン・リンス、チャック・ローブ、ジョー・サンプル、ロイ・エアーズ、ヤン・ガルバレク、ティル・ブレナーその他多数。 これまでに400枚のアルバムに参加、自身の16枚のソロアルバムを発表し、世界100カ国およそ3500のコンサートで演奏。 メゾフォルテなど伝説のバンドのプロデュースも。 2010年に“エコー賞”を受賞。 彼のアルバム“Kind of Cool“ (ACT Records)はジャズ・チャートのトップを占め、5週間に渡りポップミュージック・チャートにもランクインした。 最新アルバム“Kind of Spain” (ACT Records)では 2017年の秋よりWolfgang Haffner & Bandとしてワールドツアーをスタート。 以来熱狂的なオーディエンスを世界中で魅了し続けて来ている。 日本には”チャック・ローブ&メトロ”、エリック・マリエンサル、ネルソン・ランジェル、ダスコ・ゴイコヴィッチ、ニルス・ラングレンと来日している。 今回、ヴォルフガング・ハフナーTrioはBlues Alley Japanで11月27日と28日の2日間だけライブを行う。 ヴォルフガングのコメント:佐々木史郎と彼のバンドApollo Jam を初めて聴いたとき、彼の美しい演奏に圧倒された。 史郎はワールドクラスのミュージシャンだ。僕は完全に彼の演奏に惚れ込んだ! 史郎と僕のトリオWolfgang Haffner Trioと共にBlues Alley Japan で11月の27日&28日に演奏することを非常に楽しみにしている。

Wolfgang Haffner is one of the most respected drummers in the world of Jazz. His illustrious career started at the age of 18 when he was discovered by legendary german trombonist Albert Mangelsdorff. The list of musicians he played/recorded/toured with is like a who is who of Jazz: Al Jarreau, Chaka Khan, Pat Metheny, Bob James, The Brecker Brothers, The Manhattan Transfer, Michael Franks, Bill Evans, Lee Ritenour, Larry Carlton, Ivan Lins, Chuck Loeb, Joe Sample, Lalo Schifrin, Roy Ayers, Jan Garbarek, Gregory Porter, Bugge Wesseltoft, Nils Petter Molvaer, Esbjörn Svensson, Mezzoforte, Klaus Doldingers Passport, Till Brönner, Cassandra Wilson, just to name a few. Wolfgang Haffner also collaborated with electronic music heavy weights such as Ricardo Villalobos and Nightmares on Wax. Wolfgang Haffner played drums on 400 albums up to date, he recorded 16 solo albums as a leader, and performed 3500 concerts in 100 countries, from the US to Japan, from South Africa to Brasil. He also made himself a name as a producer working with legendary acts like Mezzoforte. Wolfgang Haffner received the german ECHO award in 2010 as well as in 2018, followed by the cultural Award from his hometown Nuremberg/ Germany. His album “Kind of Cool“ (ACT Records) was holding top positions in the Jazz charts, also for 5 weeks in the german Pop charts. His latest Album is called “Kind of Spain” (ACT Records). In fall 2017 Wolfgang Haffner & Band started the “Kind of Spain” World-Tour in Namibia/Africa, and played to enthusiastic audiences around the globe since. Wolfgang Haffner played many concerts in Japan with Chuck Loeb & Metro, Eric Marienthal, Nelson Rangell, Dusko Gojkovich & Nils Landgren over the last 20 years. This time Wolfgang Haffner will play two exclusive Tokyo Shows at Blues Alley Japan on November 27 & 28, 2018, featuring the amazing Trumpet player Shiro Sasaki. Wolfgang comments: “When I first heard Shiro Sasaki with his Band Apollo Jam, I was blown away by his beautiful playing. Shiro is a worldclass musician and I totally fell in love with his playing! I ́m looking very much forward to play with Shiro and my Trio on November 27&28 at the great Blues Alley Japan”. Line up: WOLFGANG HAFFNER TRIO feat. Shiro Sasaki (tp) Wolfgang Haffner - drums Shiro Sasaki - trumpet Simon Oslender - piano Christian Diener - bass


Wolfgang Haffner(ヴォルフガング・ハフナー)

>>
 

     
 

最新LIVE&ARTIST情報をいち早くお届け!! メールマガジン(無料) 登録はこちら >>

Copyright(C) 2009 BLUES ALLEY JAPAN All Rights Reserved.