BAJ FacebookKKJAM official site
BAJ Club
検索
共有
| この記事をフェースブックに登録する  この記事をツイッターに登録する  この記事をYahoo!ブックマークに登録する  この記事を含むはてなブックマーク 

   

  2022.05.13 (Fri)    
川口信子ライブ 「やらないワケには行きません!」
出来なかったレコ発 John Lennon Songwriting Contest ジャズ部門グランプリ受賞記念 今頃!?
(Pf)川口信子 (Wb)吉野弘志 (Eb)箭島裕治 (Ds)池長一美、中沢剛 (Fl)坂上領 (Ag)関根彰良 (T.Sax)三木俊雄 (A.Sax)近藤和彦 (Tp)奥村晶 (Tb)池田雅明
★Guest (Eg)いまみちともたか
 

私のオリジナル曲を集めた初のCD アルバム『That's All So Far』の発売は、ちょうどいちばん最初の緊急事態宣言の真っ只中、2年前の5月でした。 同じ月に予定していて中止せざるを得なくなったレコ発、そしてやった〜!のニュース性もすっかり失せた感のある(もう1年半前ですね)『J ohn Lennon Songwriting Contest』(一応国際的な作曲コンテストです)グランプリ受賞記念、を兼ねた川口信子一世一代のライブです。 …今頃〜⁈ そうです、今頃です。 昨年も、いつ何時マンボウが出て来るか分からず計画を立て難く、『もうやらなくてもいいや』と思ったこともありましたが、やはりやらないと区切りをつけて先へ進むことが出来ないような気がして、思い切って仕切り直し、開催を決めました。 レコーディングの編成を再現(打ち込みとコーラス以外)、参加ミュージシャン総勢12名、しかもズラリと並んだクレジットをご覧下さい、相当なスゴ腕揃い、よく考えると私自身ビビります。 前半エレクトリック、後半アコースティックと、リズム隊もダブル、加えて様々な奏者が加わる豪華版、これだけのミュージシャンが一挙に揃うライブを私が行うのは恐らくこの一回限りです。 世間を見渡しても個人のライブでここまでの豪華版はそうはないと思われます。 是非この機会をお見逃しなく!(川口信子)

>>
 

     
 

最新LIVE&ARTIST情報をいち早くお届け!! メールマガジン(無料) 登録はこちら >>

Copyright(C) 2009 BLUES ALLEY JAPAN All Rights Reserved.